妊活を知る!-人工授精-[どんな流れ?]

こんちは。AKIRAです。

タイミング指導で結果が出ないとき、次に行う治療としては「人工授精」が一般的ですよね。「人工授精」って書くと大層な感じがしますが、AKIRAが通っていた病院は、自然派の低刺激治療をするところだったので、治療内容としてはタイミング指導に少し手を加えたって感覚です。病院やその人の状態によっては、卵を育てたり排卵を誘発したりするみたいですが。

ここではAKIRAが受けてきた人工授精の流れについて書きますね。それに、少し調べたことも付け加えて。もちろん、AKIRAが通っていた病院のことなので、病院によっては流れが違う場合もあるかと思いますが、その辺はご理解を。

人工授精は上手くいけば排卵前と排卵日2回の診察でいいみたいです。排卵日に人工授精を実施。妊娠してるかどうかは自分でチェック。もしも出来ていたら来てね。出来てなかったら次周期再チャレンジ!こんな流れ。排卵前の診察で卵胞の育ちが悪かった場合、排卵までの診察が追加される感じ。排卵しないひとは排卵を促す注射を打ったりするかも。

書いていること、ほとんどタイミング指導と同じだ!(笑)

いかんいかん。手抜きになってしまうので、もう少し細かく書いてみます。

事前準備(旦那の協力の確認)

これ必須です。「人工授精を行う」となったら今までほぼ登場しなかった旦那に登場してもらう必要があります。旦那と話しをして次の2点の協力が必要であることを理解してもらおう。

感染症検査(病院デビュー)

人工授精を受ける前に感染症検査が必要です。AKIRAが通っていた病院は夫婦ともに、です。多分、他の病院もそうだと思います。これは血液検査が必要になるので、つまり、

旦那病院デビュー(*^-^*)

ということになります。

不妊治療の病院ってほとんど女性なので男性はすごく行きづらい感じがするので、当日はついていってあげてください。現に旦那は、待ち時間居心地わるかったー、って言ってました。そりゃそうだね。

ま、うちの場合はAKIRAがクラジミア感染していたのでタイミング指導時点で受けていましたが。(笑)

排卵日当日の採精

人工授精を行う日に旦那さんに採精(精子を採る)するので、その説明をして理解してもらう必要あり。やっぱり気持ち的にイヤなんだろうな、って思うので、心の準備というか、体調の準備というか、男の人は意外とナイーブなので。当日やっぱ採精できませんでしたー、ってなると、お互い気まずくなるし、下手したら喧嘩の種にもなるので、ちゃんと理解してもらいましょー。

初診察(D12~14ぐらい)

通常、D3~D5だと思いますが、AKIRAの場合は、特に誘発をすることもなかったので、タイミング指導と同じく「排卵日前」が初診になりました。

恐らく、誘発する人の場合や、初めての人工授精の場合はD3~D5ぐらいまでに行って、先生と相談してその周期の方針というか計画を立てることになるのかなと。

服薬(D3~D10の間)

排卵誘発薬を飲む場合はクロミッドなどを飲むかと思います。D3~D5あたりから5日間とか。たぶん。(笑)

必要があれば注射なども実施するはず。

見極め(初診察時、まだなら再診)

これも、タイミング指導とあまり変わりません。診察に行くとエコーで卵胞の育ちを見てくれます。排卵間近だと尿検査(排卵検査薬)でLHの上がりを確認して、上がり始めていたら人工授精の日が確定しその日に来てください、と言われます。

ま。卵胞が小さかったりLHが上がってなかったりすると、タイミング指導と同じく、明日か明後日もう一回来れる?て感じ。

また、排卵が上手く行かない人は、プレセキュアなどを利用して排卵を調整したりする場合もあります。

ちなみに、プレセキュアってのは、スプレーみたいな薬で鼻の穴に差し込んでプシュっとするものです。点鼻薬ってものです。鼻の粘膜から吸収されるのかな。それで、プシュってした36時間後ぐらいに排卵するのです。主に体外受精や顕微授精の採卵の時に利用されることが多いのですが、人工授精の排卵コントロールでも使われます。

人工授精の日が確定すると、先生からアシスタントさんに代わりお話を伺う。当日の予約時間の説明を受け、採精の方法を聞かれ、自宅で採精する場合は採精用のカップを頂きました。そしてその日は終わり。

あ。そういえば、人工授精する日の前日に出来るならタイミングとってね、と言われました。

人工授精の日

実際に人工授精をする日です。ご存知かと思いますが、人工授精というのは、採取した精液をカテーテルを使って人工的に子宮内に注入する治療法です。当日の流れは次のような感じです。

採精

旦那さんに採精してもらいます。通っていた病院では「自宅で採精」or「病院で採精」のいずれかです。我が家の場合は「自宅で採精」でした。この場合、↑にも書きましたが人工授精の日が決まる時に採精用のカップを頂けます。

採精の注意点としては次の通りでした。
1.(予約の時間から遡って)3時間以内に採精する。(予約が9:00なら6:00以降)
2.カップはアルミホイルでくるむ。(保温のため?)

最初の一回は変な二人の間で空気が流れていましたがすぐ慣れました。(笑)でも、デリケートなことなので、基本知らんふりして寝室で寝ていました。

病院へ

採精用のカップを持っていざ病院へ!病院で採精する人は旦那と二人、いざ病院へ!

精子の容器を渡す

病院へ着き受付すると、採精した精子を培養室の看護師さんに渡すように言われます。なので、採精用のカップを採精室から培養室の看護師さんへ渡します。渡した後は待合室へ。

渡した精子は洗浄するので、それが終わるまで待ち時間です。洗浄は1時間ぐらいかかるので、間違いなくそれ以上待ちです。相変わらず長いこと待ちますよっと。(+_+)

「病院で採精」の場合は、恐らく受付を行った後、旦那さんは採精室へ、奥さんは待合室へ、て感じになるのではないかと。

診察室へ

さて、精子の洗浄が終わると診察室へ呼び出されて精子の状態を教えてもらいます。そこで問題なければ人工授精を実施!です。一旦診察室から出て内診室に呼ばれます。

ここで、精子の状態が悪ければ人工授精がキャンセルになったりするかもしれません。

人工授精実行!

内診室に呼ばれるとエコーで卵胞の状態を確認。その後、人工授精の流れへと入っていきます。まずは膣内を洗浄して、カテーテルを入れて精子注入!時間にして1分ぐらい。(笑)

その後、少し横になったまま休憩して、終わり。

え。そんだけ?Σ(・ω・ノ)ノ!

て感じです。(笑) 普通の内診とほぼ変わりません!

AKIRAの場合はカテーテル入れているときも痛みもなければ違和感もなく。もちろん終わってからも同じ。あっという間に終わります。

ま。全体だと3時間ぐらいかかってっけどね。

人工受精後

特に何も言われない場合はそのまま過ごす。排卵のチェック来てくださいと言われたら行く、て感じなのかと。病院によって違うはず。

AKIRAの通っていた病院では、最初の数回は排卵チェックしたけど、そのうち通うのも面倒だし大体先生と話し合ってこなくていいよね、みたいになったりする。それのほうが通う回数が少なくて、仕事をしている身としてはありがたい。

期待せず待つ

生理が来ないのを期待して生理予定日まで過ごします。

無理でしょ。(笑)

タイミング指導と同じく、時間があれば妄想を繰り返しています。(笑)

というわけで、AKIRAが受けた人工授精はこんな感じでした。病院によって違うこともあるかと思いますが、大体こんな感じではないでしょうか。

これから人工授精を受ける人、今でも受けている人、期待しつつ期待せずに頑張ってください。(無理だとおもいますが。)

それでは、グットラック!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 妊活を知る!-タイミング法(指導)-[どんな流れ?]
  2. 妊活を知る!-事前準備-[開始前に調べたこと]
  3. 妊活のための用語集(基礎編)
  4. 妊活を知る!-自己タイミング-[排卵検査薬でチャレンジ!]
  5. 妊活を知る!-自己タイミング-[基礎体温でチャレンジ!]

関連記事

  1. 人工授精

    不妊活レポ-人工授精-[2回目]

    こんちは。AKIRAです。なんだか1回目の人工授精は排卵も遅く…

  2. 人工授精

    不妊活レポ-人工授精-[1回目]

    こんちは。AKIRAです。さてさて。早いもので自己タイミングを…

  3. タイミング法

    妊活を知る!-タイミング法(指導)-[どんな流れ?]

    こんちは。AKIRAです。病院に行ったからにはタイミング指導と…

  4. タイミング法

    不妊活レポ-ステップアップ-[人工授精へ]

    こんちは。AKIRAです。早いもので3回のタイミング指導が終わ…

  5. 不妊活豆知識

    妊活を知る!-自己タイミング-[排卵検査薬でチャレンジ!]

    こんちは。AKIRAです。二層に分かれている基礎体温も低温期か…

  6. 不妊活豆知識

    妊活を知る!-自己タイミング-[基礎体温でチャレンジ!]

    こんちは。AKIRAです。妊活を始めるにあたり活動するならでき…

おすすめ

特集記事

ピックアップ

PAGE TOP